Skip to main content

RYT200, RYT500, RPYT, RCYT養成スクール、ヨガスタジオぼっこのオーナーブログ

 全米ヨガアライアンスRYTフルスクール、ヨガスタジオぼっこ守山モリーブ店のオーナーブログです。普段の活動の様子から滋賀の紹介を行います。
フォントサイズ: +
1 minute reading time (2 words)

リクエストが多かった甘酒の作り方

​こんにちは。

今日はアスリートフードマイスターとか色々資格も持ってて、食への情熱もあるYOKO先生に甘酒の作り方を教えてもらいました(*^^*)

更衣室のスタッフ紹介のところに書かれているものを見て、みんなからリクエストが多かったので、YOKO先生にお願いしたら快くレシピを教えてくれました。

ありがとうございます!!

それがこちら↓


甘酒ももとの作り方

材料 米麹 200g

   お湯 400ml(50〜60度)


作り方

容器に麹とお湯を入れてよくかき混ぜ、(だいたい50〜60度の温度を保ちながら)8時間放置。目安としては赤ちゃんのミルクをあげる時の温度ぐらい、手の甲にのせてアチッ!とならないくらいです。

炊飯器に入れて保温したり、消したりすると楽にできます。

※温度を上げすぎると麹菌が死んでしまうので保温して放置しすぎに注意です!!

冷めてから一度、70度まで加熱すると甘みが増します。

完全に冷めてから冷蔵保存で1ヶ月ほど持ちます。

硬い甘酒の原液ができるので飲むときは水を少し混ぜて飲みます。お好みで生姜やフルーツをいても美味しいそうです♪( ´▽`)


甘酒のもとは色々なものに使えます!

例えば、パン作りで砂糖の代わりに調整して入れる。

乳酸菌が多くなって酸っぱくなってしまったものはドレッシングにする。(お酢と、オイル、甘酒、醤油(同量))

半端な麹で塩麹に。(麹200g、塩50gぐらい、ぬるま湯280ml)塩と麹ですりあわせ、水を少し混ぜる。毎日一回混ぜると一週間ぐらいでどろっとするので冷蔵庫で保存。

固そうなお肉の塊や野菜をお漬物にする。(塩麹大さじ2、砂糖大さじ2、醤油大さじ1、生姜適量をお肉の塊につけて2日ほど冷蔵庫に置く。使うときは液を少し取り除いて焦げやすいので弱火、塊が大きい場合はオーブンで焼いてください。


とまぁこんな感じだそうです。

これだけを聞いてても料理上手なんやろなー。。。というのが伝わってきます。

もっと詳しく聞きたい方は「骨盤リセットヨガ」を担当されているYOKO先生に直接聞いてください★

×
更新をお知らせします

不定期更新です。更新したら、自動的にお知らせ出来ますので、よろしければご登録ください。

気分すっきり!体の流れを整えるヨガ---1周年スペシャルレッスン---
1ランク上のボディーメークヨガ